読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の感動とInstagram。

 

こんにちは。

休日を利用し、積極的に体調を整えているもうよんじょです。

そろそろ6月の面接日が決まってきて、ドキドキしています。

こんなときこそ、準備を頑張るだけでなく、体調管理を徹底したい。

 

 

さて、今日は録画していた先日のカンブリア宮殿を見たのですが、

感動しました。。。。

 

涙が溢れました。

 

   「一人でも多くの人に光を!

    日本とベトナム救う さすらいの眼科医」
   フリーランス眼科医
   服部 匡志(はっとり ただし)先生

 

の回でした。

 

眼科医である先生は、文字通り患者さんに「光」を与えます。

その手はまさに、神の手。

田舎で、眼科医の不足する地域に赴いては丁寧に診察し、手術し、手術し、手術する。

失明の可能性があり、一刻も早く手術をしないといけない患者さんたちに、光を与えます。自分では開業しない。「さすらいびと」のように全国各地を駆け回り、医師の足りない地域の患者さんの光になる。

 

「神の手」と言われることは嬉しいか?という質問に、

「いや、だって、私は神じゃない。人間だもの」

「『仁の心を持つひとの手だ』と言われることは嬉しいけれどね、」といったご回答。

 

そんな先生が、月の半分はベトナムに赴くのです。無償で、患者さんの治療をするために。裕福なひとだけが助かるなんておかしい、貧しい人も助けてこその医師だという考えを持ち、今は亡きお父様からの「ひとのために生きなさい」という教えを守って、本来なら貧しくて手術を受けられない患者さんたちを、助ける。そして、「自分自身が患者さんから幸せをシェアしてもらっているのだ」、とおっしゃる。

 ーーー自分は4浪も経験しているし、本当に、神様でもなんでもない。人間だ。だけども、ひとを助けたい。

 

心が洗われるような回でした。

 

(おまけ:

目が見えない患者さんが手術後「まず息子の顔を見たい、その次に服部先生のお顔が見たい」と言った、という話をきき、「いやあ、そんな」「ハンサムでもなんでもないのにね」と笑い混じりに小さな声で言ってから「嬉しいです」と答えた姿が本当にかわいかった。笑)

 

オフィシャルなあらすじはこちら↓↓

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

私は正直、この話で感動し涙した自分に少し、驚きました。

小さい頃から伝記が大好きで読み漁っていたし、マザーテレサだとか、ナイチンゲールだとか、綺麗な心を持った方が立派なことをされているお話しには慣れているはずでした。

それなのに彼の話に特別に深い感動を覚えたというのは多分、同じ時代に生きている彼の、自分の功績をひけらかさない態度に心を打たれたからだと思うんです。

自分のためではなく、ひとのために、まっすぐに生きてらっしゃる。

 

私、SNS社会についてよく考えていて、

「どうしても自分を良く見せたがってしまう人間の心理」

みたいなものにアンテナを張りがちなんです。

そういう心理を自分自身が持っているからに他ならないのですが。

 

タイトルでも触れたけれど、私Instagram等を積極的に使うことに少し抵抗感があって。

というのも、「自分は素敵だ!!!」っていう自己顕示欲を満たすために、私はなんでもしたくなってしまうから。(笑)

なんとなく撮れた素敵な写真なんかをポンッと載せられれば良いんだと思うんですけど

それじゃあ相対的にあんまり良い画にならない。

自己肯定感が高くなくて、ひとと比較してしまう癖があるからね。

比べなきゃあいいんだけど、投稿した時点で自分の中で、無意識にも他人との比較が始まってしまう。

だから私の場合、もっと良い写真を載せるためには何何が綺麗などこそこへ行ってこんな構図でこーんな写真を撮って・・・・と、Instagram中心の生活を送りかねないんです。笑

Instagram husband(インスタグラム用写真の撮影に付き合わされる旦那さん)が全世界で少し話題になっていたこともありましたし、みんなが一生懸命お菓子の写真を撮る姿を映し「写真ばっかり撮ってないで早く食べようよ!」なんてシニカルなTweetが多くのいいねを集めることもしばしばな今日。

一生懸命充実した写真を撮って投稿する生活もまあ、オシャレで充実していて良いよねと考えるひともいるかもしれませんが、私としては何か、こう、本質とズレている気がして嫌なんです。

でもSNSを投稿するってことは「見られている自分」を作り出すっていうことで、自分をデザインするということになる。自らアウトプットするその内容だけでなく方法、タイミングにその人のアイデンティティーが沁み出て来るわけだから、やっぱりどうしてもより良い投稿、より「こう見られたい」が叶っている投稿をしがちだと思うんですよね。。。

と、ここまで書いて私は考えすぎだなあ!!!!!!と思って苦い笑いを堪えていますが。

そもそも自分の理想とする素敵な生活を送れれば、上に書いたようなストレスも無くなりますしね。

 

とにもかくにも、ひとのために生きる方のストーリーを見て、心から感動しました。

そんな日曜日です。

 

明日からの一週間も充実させられますように。

 

アディオス!