頑張ることは美しいということを、知った今。

 

こんにちは。

もうよんじょです。

 

自己紹介するたびに自分の学生生活が残りわずかだと思い知らされるので

我ながら良いペンネームをつけたなあと思います。

 

今日は、戻って書き直したり構成を考えたりせずに書き流すので、読みづらかったらすみません(って、いつも大して読みやすくはないか。(笑))

というのもここ数日、書いて推敲して書いて推敲して、やっぱり書きたいことまとまらないからもう寝よう......みたいなことが二回くらいあったので。今日は戻って表現を直そうなんてしないことにします。それで更新しちゃいます。

勢いを、大切にしてみる。

書くことが自分を定義してくれるから、今のポジティブな気持ちを書き留めておきたい。

 

 

ーーー私ね、小学校を卒業するころは小説家か画家になりたかったんです。

そして中学2年の頃にはもうその夢というか目標を見失っていたし、挫折していました。

何故って、頑張ることの美徳を理解していなかったからだと思う。

私立の中学に入れてもらって、美術もすごく、優秀な先生に習うことができました。

わたしの大好きだったデッサンや、絵の具を使った絵も習いました。

画家になりたいなんて思ったことのある私には絶好の機会。

の、はずだった。

でも私は自分より何倍も絵を上手く描ける同級生の存在と、自由に思ったままに描くよりもルールに従った方が上手く描けるという現実に、ウンザリしてしまいました。

本当は、その「ルールに従うと上手く描ける」のフェーズから、「そこに自分らしさを加える」というフェーズに移ってからが楽しかっただろうに、と今は思います。

基礎を固めてこその、応用ね。

 

それを分かっていたら頑張っていたのかどうかは分からないけど、事実として私は、頑張らないという選択をした。

もっともっと練ったり、デッサンを描き続けたり、放課後に残って作業することもできたのだけど、私はそれをしませんでした。

 

頑張るのが恥かしかった。

 

頑張っても出来ないという事実に直面したくなかった。

 

頑張ってないから出来ないだけ。そう思いたかった。

 

 

本気で頑張ることを知っていたらどんなに良かっただろうと思う。何事に関してもサボり癖がついてしまった私は、テストの成績も散々なことが多かった。「でもまあ、頑張らなかったし。」と、そう思って熱くならないように自分を制していた。傷つくのがこわかったのもある、たぶん。失敗なんてしたくなかった。努力なんて無駄になるって、冷めた目で見ていた。気がする。

 

でも私は気付いてしまった。

泥臭い努力は格好良いのだと。

 

カッコ悪い努力なんてないんだと。

寧ろ努力を笑うひとがカッコ悪いんだと。。。

 

 

 

以上。

今の思い。

 

もうなんも言えない。

 

 

アディオス!