Life is beautiful. (4/18に書いた記事。)

 

こんにちは。

ちょっと疲れが出てきたもうよんじょです。

 「あなた、わざと生きにくく生きてるみたいよね」

と母に言われ、 ハッ としました。

 

生きにくい・・・? わあ、、図星だ。

 

今日は、私のクズなお話しと、

”ヌードを通して自分を受け入れよう”というお話し。

 

 

 

 

 

 

いつも母には

「自分のこと、もっと大切にしなさい」

と言われています。

頑張り過ぎよってことではなく、私のクズな部分を直しなさいねって意味で。

 クズと言うのも、サッとやればすぐ終わることを後回しにしたり、身の回りを散らかしたり、ストレス発散しないままモヤモヤした気分でいたり、SNS見て友人の生活を羨ましく思ったり、ないものねだりをしたり、誰にでも良い人だと思われようとしたり、完璧主義になってみたり、過去のことを引きずったり、、、

 そういう自分にとってマイナスなことばかりしてしまって、母は、そんな私を見かねていました。特に、「後回し」にするところ。そして、改善できない私がいました。

 意志が弱かった。

自分を持っていなかったし、

自分を大切にしていなかった。 

ほんとはマイナスなことをせず、自分を大切にする方が良いのに。

 

後で苦しまないように何事も余裕を持ってやっておいたり、ないものねだりではなく自分が持っているものに目を向けたり、たまったストレスはすぐに発散したり、じぶんを責めすぎないようにしたりって、改善策はたくさんある。

 

なのに私は 「自分なんて・・・」とどこかで思っていたし、さぼることの享楽におぼれていました。その方が傷つかないで済みました。結果が出なくても、頑張っていないから、と言い訳がきく。

でもそんな享楽、なんにも生まないし、ただの現実逃避だし、残るのは虚しさだけ。そんなんで老いていくなんて、嫌です私。

 じゃあ、、、

大切にしたい自分ってどんな自分だろう。

 

私は私。

それでいいじゃない。

私が好きな私はこう生きているわ。 

  

 そうやって生きて、自分に酔うのも、良いのかもしれない。

自分を好きになる。好きな自分になる。

 

相手に合わせることは大切だけど、合わせてばかりで自分を持っていないのはちょっと、つまらないですもんね。

 好きな自分を持っていなければ、他人との関係もいつの間にか「憧れ」や利害関係だけで繋ぐようになってしまって、、、でも憧れや妄信や損得じゃあ友情は生まれないですもんね。

 

と、そんなことを思っているときに見つけたのが、この記事。

 

www.huffingtonpost.jp

 

ヌードだけど、私の思っていたヌードとは全く違う。まさに、「新しいかたちのヌード」。それを通して彼女は、「自分は自分でいいんだ」をつくっていく。

 

インスタとかSNSには基本賛成だけど、今は加工だって自由にできるし、"自分を出しながら隠している"現状があるなと思っていて。
いい顔も変な顔ももっと楽しめばいいのに......そういう部分ではもったいないと感じています。

 この「自分は自分でいいんだ」っていう感情って、間違ったら開き直りとか、諦めとかにも捉えられるんですけど、全然そうじゃない。自分を知って、受け入れるってすごく大切でポジティブなこと。

自分の嫌な部分なんて、隠してなんぼでしょう。

 受け入れることは、簡単にはできないことです。

 

でも自分を大切にして自分を磨けば、私にもできるようになる気がします、というか、そう信じたい。

そして胸を張って「自分は自分でいいんだ」と思いたい。

そう思える自分のことは絶対に大切にできるから。

そう思えるときって、最高に幸せだから。

 

 

今日は「Life is beautiful.」なんていう横文字のタイトルをつけました。

 私の好きな言葉です。

 今「生きにくい生き方」をしていても大丈夫だと思いたいです。

人生いろいろあった方が強くなれますし、 いつだって人生は美しいんです。

 

読んでくれてありがとう。

 

アディオス!