読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自分をもっと客観的に見た方がいいよ」って言われたことある?

 

こんにちは。

突然ですが、断言したいことがあります。

 

完全に自分を客観的に見るなんて、無理です。

 

友人から見た私、見知らぬ他人から見た私、家族から見た私、

ぜんぜん違うに決まってるじゃないですか。

価値観なんて、ひとそれぞれ皆違います。

みんな違ってみんな良いんじゃないんですか?

 

どうして自分を客観的に見ることが求められるんだろう。

「あのひと自分のこと客観視出来てないよね」って言葉が悪口になってしまうのはどうしてだろう。

 

知らなくていいことだって世の中たくさんあるのに。

 

繊細な気持ちが感じることひとつひとつに反応していたらメンタル保てないよ。

保てたらかっこいいのかもしれないけど、無理だよそんなん、無理無理。

好きなものは好きだし、嫌いなものは嫌いだよ。

誰にも良い顔、なんて、できっこないじゃない。

 

 

 

 

でも、したいんでしょう?

誰にでも良い顔、したいんでしょう?

だからこそ「自分を客観視」なんて言葉が突き刺さって、

絶対にできることのない客観視をしたくなって、苦しいのでしょう。

 

今の自分じゃだめだと、自分を客観視して思うのでしょう。

 

 

 

7月14日。

 

こんにちは。

もうよんじょ(id:skworld)です。

 

そろそろ、夏バテしてしまう時期ですね。

 

私は就活も終わったことだし、この機会にいろいろな友人に声をかけて会ったり、話したり、ご飯へ行ったりしながら自分を見つめなおしています。

 

「内定を獲得する」という方向に一目散で向かっていた就活中には気にも留めなかった人間関係がぽろぽろ見えてきて、

久々に集まるメンバーのA子とB子がいつの間にやら仲違いをしていたのに気づかず誘ってしまった私がいたり、しています。(来週集まるのだけど、人数多めなことだけが救い。)

 

ひとの関係について考えると、疲れてしまうからやっぱり、自然体でいることがいちばんいいなあなんて思う。

 

友人にね、儚げで、だけどもしっかりしていて、低血圧っぽくて、話すととっても優しいクリスチャンの女の子がいるんです。

 

彼女と先日、約二年ぶりに再会して。カフェに行って、いろんな話をしたのだけれど、彼女の雰囲気は私にとって好感度ナンバーワンなんです。

二年ほど前に知り合ったときからすごく好きだったんだけど、その理由が今回分かった気がしていまして、彼女の、なんというか、無理をしていない雰囲気なんですよね。

 

相手に合わせて一生懸命にテンション上げたリアクションを取らないんです。それがかっこよく見えるというか。飾らない、ありのままの彼女でいるように見える。あんまり、周りに左右されなさそうな印象。本音で話してくれている感じがして、嬉しくなる。笑うし、楽しそうな表情もするんだけど、作り笑顔は見せない。

 

自分もそんな時間、無理をしない時間を増やそうって思います。

そんな今日この頃の話でした。

 

アディオス!

6月25日。

 

こんにちは。

とても嬉しい気分で週末を迎えているもうよんじょ(id:skworld)です。

明日はずっと会いたかった友人に会えるし、彼女は私の内定を喜んでくれているんです。ただ、同じ大学の親友たちの就活が難航中で、なんとなくお互い距離を置かれている感じがするのが寂しくて悲しい今日この頃。

 

さて今日はいかにも自己満ですが、残りの学生生活でしておきたいことをランダムに書き出してみます♩

 

・夏に納涼船

・学祭を楽しむ

・美を磨く

・デート

・ファッションを楽しむ

・海外旅行(ヨーロッパ行きたいし行き時だと思う...)

・自動車の免許

・語学力向上

・人脈を広げる

・ひととたくさん深い話をする

・おしゃれランチを開拓

・他大学の団体と関わる

・読書

・ブログ

思いついたのは以上。。意外と少ない。。?

何か忘れてそう~~~~

だけど今日はここまで!

 

「これ忘れてない?」と思うことがあればお教えくださいませ。

 

お目通しTHANK YOU <3

 

アディオス!

内々定を頂いて約3日。

こんにちは。

もうよんじょ(id:skworld)です。

余談ですがなんだか毎回「もう私は4女だっぜーい」と、自分の学年と性別をむやみに紹介しているようなのが恥ずかしくなってきたので、idをつけてペンネームだよってことを主張しています。もうよんじょです。良いペンネームだよね?もうよんじょ。自分で言うか。笑。余談おわり。

さて、久しぶりにお酒を飲みまして、ほろ酔い気分での更新ですが、遂に、遂に、、、内々定!!!頂きました!!!!!

まったく実感がなく、ふわあっとしたまま内々定を正式に決めるためのご面談を、フカフカのソファのお部屋でしてきて、「弊社に決めてくれて有り難うございます」だなんて御礼を言われてしまって、、!いやいや〜〜未だに夢見心地です。

家族をはじめとし、親戚やら先輩やらキャリセンのおじさんやら、色んな方に自分のことのように喜んで頂いたので、もう、本当に、頑張って良かったです。

中学受験も大学受験も本命のところに行けなかったけれど、就活では第一志望に合格することができました。

呆気なかったけれど、いろんな経験やいろんなひとの助言、励ましのおかげで実力を発揮できた成果だと思う。あとは、運。だね。

簡単に受かると言われているようなところに落とされたり、インターンに行ったら8割受かると言われているらしいのですがその受からない2割に入ったり、いろっんなことがありました。"適社"と俗に言われる、自分に合った会社にしか受かることが出来ないんだなぁとしみじみ思いました。

全部全部、まるっと含めて、私を成長させてくれた就職活動。ほんとうに有り難う。出会ってきた全てのひとたちに、感謝。。してもしても、しきれない。。。。

なーーーんて締めくくりの言葉みたいなの書いてるけど、実際は、やーっと、やっと、ね、スタートラインに立てました。

これから来たる社会人生活に向けて、自分のパソコンスキルを高めたりコミュ力を高めたり自己管理一生懸命したり、まだ取ってなかった運転免許を取ったりと、やることこなしつつ、後悔しないように学生時代を楽しみまくろうと思います!!!

ちなみに今日は、昨年長めのインターンシップを共にしてきたメンバーと久々に飲みました。楽しかった!!!たまにしか会わないからこそ、あのときの彼氏がどうなっただとか、そういう、身の上話をいろいろ聞けて、本当に充実した時間だった。みんな、人生いろいろあるねっ(にやにや笑)。これからも良い仲でいたい仲間たちです。

ではー、明日も午前から授業があるので、

帰ったらお風呂はいって明日の準備してすぐ寝ようと思いますzzz

読んでくれてありがとう!これからも更新します!

アディオス!

もう全部、この気圧の変化のせいにしたい。

 

こんにちは。

もうよんじょ(id:skworld)です。

 

少し立ち直ったから書くのですが、

今日受けてきた最終面接で、全然うまく話せませんでした。

3月の頭あたりに受けたベンチャーの面接並みに失敗したと感じました。

自分のことを話す練習、足りなかった・・・と、深く反省。

 

今回、初めて面接で「趣味」について聞かれたんですけど、なんだかつ~~っっっまんない回答しか出来なかった自分がいて、もう、それが腹立たしくて、腹立たしくて!!!

自分の好きなことくらい、明るく楽しくぺらぺらと話したいのに!!!

 

失敗した要因(まだ失敗していなかったという望みも無くはないけれど)としては:

 志望度が高すぎてド緊張したこと

 体調が悪くて胃が痛かったこと

 大嫌いなじめじめした天気の午後だったこと

 それらに影響されてしまい、いつも強気な自分がシュンと縮こまっていたこと

 一方で弱気な自分がこれでもかという程に存在感を発揮してしまったこと

 そもそも面接官の方に「緊張してます!」と言ってしまったこと(私の場合、うまくいっている時は「緊張して無さそうだねえ」と笑われることが多いし、堂々としているところが印象良いと言われたことがある)

etc...

がありました。書いているだけでウンザリしてきます。。。

 

しっかしなんと言っても今は、明日も志望度高いところの最終面接を控えているので、そこに向かって精を出すしかない。明日に備えて頑張って、明日は平常心で楽しみたいのです!!!

 

アディオス!

結局ひとはひとりなんだと思う夜。

 

こんにちは。もうよんじょ(id:skworld)です。

今月初の日記。

フランクに、敬語は使わずに書くね。

 

どんなに「ひとは結局ひとりだなあ」と思っても

「あなたはひとりじゃないんだからね」と言われると泣ける。

 

でも、私は結局ひとはひとりだなあと思うのだけど、

あなたはどう思いますか?

 

 

 

先日、大学の後輩ちゃんたちと接していてね、ふと思い出したの。私、大学1年の頃はトモダチとの関わりに必死だったなあって。

 

当時はね、同じクラスの子たちとどう関わろうかっていうことについてばっかり、考えてた。

 

 

いつも一緒に授業を受けてた友だちが2人いてさ。

一緒に履修を組んだし、一緒の授業もあった。

仲良くしてくれるひとたちがいるっていうのは、とっても有難いことだったのだけど、3人で一緒にいるのに2人だけ遊んできて授業に遅れて来られたりすることが多くあって、、、。器が小さすぎたのだけど、当時の私はとっても嫌な気持ちになって、イライラしたり、モヤモヤした。大きめの教室で、ふたりの席とプリントを確保して、ひとりでぽつんと待つ私ってなんなんだろう、と思った。

そんな自分が嫌だったから、その子たちとは2年生になってから、それとなく距離を置いた。

 

なんというか、自分が軽く扱われている感じが、嫌だった。

それで、他大学の友人たちと仲良くしているところを見せつけたりした。

私はひとりじゃないんだよって、彼女らに分からせたかったから。

 

幼くて、自信が無くて、見栄っ張りだったからね。

あなたがいなくても寂しくないし、あなたが軽んじているこの私は、もっと評価されるべきひとなんだよって、示したかった。

だから、大学1、2年の頃の私は新しい友だちに好かれるために、相手の喜びそうな言葉を並べ立てて。

仲良くはなれたけれど、なんだか上辺だけみたいな関係ができてた。

 

要するに、孤独を隠すことに必死だった。

けどそれは間違っていたなと、今はおもう。

私は、”ひとりのひと”としての自分に自信がなくて、寂しくて、ひとりじゃないってことを示したかったのだけど、そんなのは、ぜんぜん違うんだ。だって、ひとがひとを認めたり信頼を置いたりする時って、そのひとに何人友人がいるかなんて大して関係無いもの。

 

寧ろ、孤独を受け入れて、孤独とうまく付き合って、他人に依存せずに自律している人の方が何倍もかっこいい。相手に求めたら、苦しくなるだけだし、ひとや群れに依存してるひとって、私には魅力的に映らないし。

 

ひとはみんなひとりなんだから、自分がひとりなのはごく自然なことだし、何の問題もない。このこと気が付いたらね、気持ちがぱあーっと、晴れやかになった。

 

どんなにひとりでも、ひとりだけで生きている人なんていないし、

どんなに多くの友がいても、ひとりぼっちじゃないひとなんていない。

 

自分の中の「ひとりぼっち」と向き合えている人が好きだし、自分の中の「ひとりぼっち」に気が付く暇もなく生きてきた人とはちょっと合わないかもしれないし、わたしはひとりぼっちな自分と向き合っていたい。

 

それでこそ、本当の友達ができると思うから。

 

読んでくださって、ありがとう。

 

アディオス!

5月最後の日曜日。

 

こんにちは。

 

ちょっとモヤモヤした気持ちのもうよんじょです。

理由はいくつかハッキリとわかっていて、

全部、自分が踏み出せていないせい。

 

「踏み出しちゃえば、あとは簡単。」

 

なーんて言うひともいるけれど。

 

実際に踏み出したらそのことに責任を持たなきゃいけないのは自分なわけで、

それがこわい。

自分にそんなことが出来るのかな。

不安ばっかり募る。

何故不安なのかなんて、理由は挙げたらキリがないのにね。

踏み出した責任を取れなくて傷つくのがこわい。

 

でも、こわいから無理って逃げているひとが私は嫌い。

 

まずは、ステップを細かく区切って行動に落とし込んでいくとしますか。。。

 

最後の最後は運、だもんね。

 

アディオス!