「いいね」はきっと「いいね」以上でも以下でもない

 

こんにちは。

もう来月で大学を卒業してしまうもうよんじょ(id:skworld)です。

毎日悔いなく生きようと改めて思う今日この頃です。

 

さて先月、、前回の投稿ではSNSに疲れ、「いいね」にも疲れていた私ですが。

 

@おんこさんがこんな記事を書いてくださいました。

IDコールありがとうございました♡

 

simple25best.hateblo.jp

 

「いいね」をしない=無視している、冷たい

 

というような考えが頭をよぎっていたわたし。

SNSを見る余裕がないとき、「いいね」をしないことに罪悪感を感じていた私でした。

 

そんなわたしに伝えてくれた

おんこさんの「いいねを全く押さない」というマイルールはとても素敵。

精神衛生にもとてもよいと思います。

 

この記事を拝読してから、私の行動も変わりました。

今まではいいねと思ったらいいねをすぐに押す、、、

何も思わないor不快だったら押さない、、というような

大雑把な感覚でSNSを使っていたのですが

それから気軽に「いいね!」を押さないようになりました。

 

ただ、いいねを全くしない使い方は私には合わないという気付きにも出会ったんです。

「いいね」を100回押したくなるような投稿ってありませんか?たまに。

親しく関わっているひとの近況投稿とか、とても共感できるものとか。。。

ひとによって本当に違うものだと思うのですが。

そういう投稿にだけはどうしてもいいねを押したい自分がいるって気付きました。

 

あれ、、、行動は結局あんまり変わってないのかな?

変わったけれど、変わったと周りには気づかれなさそう。

でも、どう思うかなんてそのひと次第だから仕方ないよね。

 

親密な人間関係をこれからも築いていけたらな。

 

アディオス。

2017。

 

こんにちは。

ご無沙汰しています。もうよんじょ(id:skworld)です。

 

バタバタと色んなことをしていて

あっという間に年が明けました。

 

新しい一年。。。

これを読んでくれているあなたは、どんな一年にしますか?

 

わたしの抱負は楽しむこと!これに尽きます。

 

何事も、楽しむひとの方が輝いてると思う。

楽しいことは頑張れるから、好循環。

 

 

このブログを久々に書こうと思ったのは、ちょっと今、自分を見失っているからです。

 

久々に半年、いや、それ以上前の自分がここに書いた言葉たちを少し読み直してみたのですが、ああ、私だなあ、と思いました。これはとても有難い感覚でした。書くことって大切だなあと改めて思ったので、特に何があったわけでは無いけれど書いてみてます。

 

この半年で変わったことと言えば、男友達が出来るようになりました。”ふたりで会うこと=デート♡”という、私の中の乙女すぎた私がちょっと冷静に、そして多分おとなになりました。

 

改めて振り返ると、色々なひとのご縁でいろいろなひとたちと出会えた2016年に改めて感謝の気持ちでいっぱい。この感謝を周りのひとたちにあまり伝えきれていないけれど、自分の負担になりすぎない程度で伝えていけたらいいな。負担、というのも、年賀状を出さなくなり、LINEとか、Facebookとか。。。主流になってきたツールがなんだか疲れているときの私には無理すぎて、負担なんです。

 

そういうツールも、頑張るのは良いんだけど。

頑張り過ぎはだめだ。

 

余裕をもって、自分の本当に大切なことに時間を割きながら日々を過ごせるように精進します。

 

アディオス!

日常の中のちいさな幸せに、おおきな喜びを感じて生きていきたいね。

こんにちは。

素面で酔ってるもうよんじょ(id:skworld)です。

 

私、4年ほど前までは、周りのひとと自分を比べてばかりの中高時代を過ごしていたんです。同じような学力の女の子たちが狭い世界に集まっていたわけで、お互いの違いが目につくのは当然だったかもしれません。

でも大学に入ってから良い本や価値観の違うひとたちとたくさん出会い関わる中で、新しいものの味方や考え方を身に着けました。ひとと自分を比べる必要なんてなくて、自分らしく生きていいんだなと思うようになりました。

 

ーーーなりたい自分になって

自由になってーーー

 

後悔はしたくない

物分かり良いひとにずっと成りすましてきたけれど

空気読めすぎたら空気みたいなひとになって

ここにいてもいないみたい

かわいい女の子になりたい

でもその前に

自分らしく生きてみたい

好きなものは好き

と言える自分が好き

 

これは

Little glee monster / 私らしく生きてみたい

のサビ前の歌詞。

心をグッと掴まれるフレーズでした。

 

「自分らしく生きる」というのはなかなかに難しいことだと思うんです。自分を持たずに周りに流される方がラクな場面と言うのは、数えたらキリがないほど多くあります。そんな中で、「自分が何を好きなのか」を見失わないでいること。

これが出来れば単調な毎日がより一層幸せに感じられると思って、この文章を書きました。

 

好きなものに囲まれて生きる人生は幸せだと思うから。

大切に大切にしていきたいと思う。

派手な幸せじゃあなくっていい。

 

毎日生きるために一生懸命に働きながら

ささやかな幸せを喜んで、あったかい日々を送る。

そんな人生も充実していて良いな!

 

アディオス!

ひとはひとりでは生きていけない。

 

わたしはひとと会うと疲れます。

でもひとと会うことでエネルギーをもらいます。

 

ひとと会うのが好きかもしれないけれど、ひとと会うと疲れることは自覚しておいた方がいいよ、と人材会社のコンサルタントの方に言われたことがありました。

的確な助言だったなあと思います。

 

ひとはひとりでは生きていけません。

 

ブログを書いて、これを読んでくれるひとがひとりでもいるだけで癒されている自分がいます。

 

私も誰かを癒せる存在になりたい。。。

 

ひとりごとでした。読んで下さってありがとう。

 

アディオス!

悲しみは分け合えば半分の意味。

 

「喜びを分け合って幸せな気持ちを共有することは望ましいけれど、不快な気持ちは共有されても困る。」

 

以前付き合っていたひとにそう言われた。

 

あの時は、私も甘えすぎたかもしれない。

 

パートナーに、ちょっとしたストレスを話して「うん、うん」と聞いてもらい「大変だったね」と理解してもらえればそれで大満足だったのだけれど、彼はそうしてはくれなかった。「どうしてそんなこと話すの?」という反応が返ってきた。

口にはしないが、大人気なくも少しムッとしてしまった私に、彼が罪悪感を感じることはなさそうだった。

確かそのあとで私は「喜びは分け合えば2倍、悲しみは分け合えば半分になる」とよく言うじゃない、という話をしたんだと思う。

彼はいかにも解せないといった顔をした。

私はもう理解してもらえなくても良いやと思ったが、彼は真っ向から反論を述べてきた。

 

「嫌なことがあったことを話されても、聞かされた方の気分が悪くなるだけだ。どうして分け合えば半分になるのかわからない。」

 

私は唖然とした。

しかし、反論することができなかった。

 

彼は自分では悲しいことがあったとき真っ先に私に電話をかけてきて、私がひととおり話を聞いたらすっきりしたように、私の声は癒されるとか聞いてくれてありがとうとかなんとか言ってきたくせに。私は頼ってくれて嬉しかったけれど、同じ悲しみを感じたわけだよ。でも嬉しさの方が勝ったと思う。まあそんな付き合いたての頃のことは彼も忘れていたわけだ。

 

甘えたかった私は、ムッとした顔を元に戻せなかった。

 

その後、「悲しみは必要」というような話を聞いた。聖書からの言葉だった。もう別れてしまった彼とのその一件を思い出しながら興味深く聞いたところには、「ひとは悲しみがあるから生きていける」とのことだった。

ひとことでまとめると、ひとは「悲しみを共有することによって、希望を見出す」生き物なのだ。

 

じわあっと何かが胸に広がるのを感じた。

彼との論争など、もうとうに忘れても良いことだった。

 

悲しみに暮れるひとがいれば積極的に寄り添える人間になりたいと思う。そうすることで希望が生まれるなら。

今のこの気持ちを大切にしたい。

 

----------------------------------------------------------------

 

以上小説家気取りのもうよんじょ(id:skworld)でした。

 

午後も気持ちよく過ごせますように!

アディオス!

 

大好きだった人と再開した話。

 

男性に免疫がないことは幸せなことなのか、残念なことなのか。

 

私にもし免疫があり強い抗体が作られていたならば、今日のことは特に大したことではなかったのだと思う。私は男性とお付き合いしたことはありますが、男性に対して免疫があまり無い。これはよくないことだと感じていて、というのも、異性として意識してしまいすぎるし、ひとことひとことに舞い上がり過ぎてしまうんです。それが恥ずかしくなって、無駄に女性らしさや相手を好きな気持ちを隠そうとしてしまう。

 

女子高を卒業して以来、私が友だちと呼べるほど親しくなった男の人というのは、手の指で数えられる程しかいません。そんな私にとって男の人とふたりで食事に行くというのは一大イベントです。だってそれはデートだからです。ということで私は今日、デートをしてきました。

 

彼は、私が3年前のクリスマスに一緒に食事した友人です。当時から大好きで憧れで、でもそれ以上の距離を詰めるのは怖いと感じる相手でした。約2年前、彼に彼女が出来たと聞いたときは本当に落ち込みました。相手は私も知ってる素敵なひとで。

 

彼とはここ1年、全く会う機会がありせんでしたが、どうしても会いたくて思い切って連絡しました。私が何か決断しようとするとき、いつも思い浮かぶのが彼の顔でした。自分でも何故だかうまく説明できないけれど、私は彼に認められたくて仕方がないのです。

 

連絡したのは今月のはじめ頃のこと。

返事はまさかの、会おう会おう、でした。

「彼女が出来たら女の子とふたりで遊びに行かない。」以前はそんなことを言っていた彼だったので正直少し期待しました。いや、友達として大好きな彼で、ふたりで食事をしてもそれ以上何もないと思っていた彼ですし、友達以上の関係を求めていたわけじゃありません。…なんて嘘だ。大好きなんだからそれ以上を少しは求めてしまう自分が、確かにいました。認めましょう。

 

待ち合わせ場所に現れた彼は、ますますかっこよくなっていました。ふたりで定食屋さんに入り、食事をした。話を聞くと、素敵な彼女さんとも続いていました。

 

私が彼の何が好きかって、全部と言えば全部だけれど、特に彼の発するひとことひとことに思いやりが溢れているところが大好きです。あれだけひとを大切にするひとは他にいないかもしれない。透視能力でもあるのかなと思うほど、相手の喜ぶ言葉をかけるのがうまい。しかもそれがだらだら長くないし、話が面白い。それとまず、生きる姿勢がかっこいい。

ベタ褒めみたいだけれど、これで1万分の1も褒めきれてないと思う。

 

彼と、老後の話をしました。

たくさんの友人に囲まれ、親戚に愛されている彼のお祖母さんの生き方が良いなあと思っているんだって。だから今から友人との繋がりを大切にしていて。

 

一方で私にはひととの関わりを避けようとしていた時期が結構あって、だからあんまり友だちが多くない方だし、そもそも心を開けている相手が少ないと思います。けど、ひとつ前に書いた記事とも繋がることなんだけれど、それじゃあ充実なんてできないんだよね。彼と話して、改めてそれに気付くことができた。

 

だから今ある繋がりをもっと大切にしていこうと思います。

大切にって、言うのは簡単だけれど、実行するのは容易いことじゃないからね。

 

今日は彼との"デート"で得たものが多すぎてお腹がいっぱい。手が届かない存在だと思い知って、思い切り傷付いたはずなのに、何故か幸せです。まあ好きな人に会えたんだから、幸せに決まってるか。

 

うああ

 

ちょっと苦しい。

 

精進します。

 

 

アディオス!

充実とは。

 

こんにちは。

いかがお過ごしですか。

私は昨日家でゆったりと夏休みを消費する1日を過ごしました。。。約1ヶ月ぶりの更新です。ペンネームもうよんじょです。

 

充実って何だろうと思いました。

というのも、夜眠れないのは1日が充実していなかったからだ、と何処かで聞いて、私はそのときナルホドと納得したのです。

 

こんな日にSNSをチェックすると、なんだか自分だけ取り残されたような気持ちになりました。自分が良い意味で多忙なときには友人たちの投稿を見て「いいね!♡」を押すとき「私も今最高に充実してるけど君も充実だね〜いいね!♡」って気持ちで押すんですが

今日みたいな日は自分のことは棚に上げておいて「」って気持ちで「いいね!♡」を押します。「」は無です。

 

私は今、何も言えない。

何も言えないし、コメントも、考え過ぎてしまったり返信を待ち過ぎてしまったりするメンタルだから控えるね。って届かぬ声を心の中でつぶやくのです。(きもいですね、ええ。)

 

もともとインドア派の私は家にいても部屋を片付けてみたり本を読んでみたり、ネットサーフィンしてみたり、ソファに座りながらチョコモナカジャンボを食べてみたり、、、楽しいことは沢山あるのです。充実、、、、しているはずだと思いました。だけど無駄にSNSを開いて、無言でいいねを押している私がいる。なんというか充電中の私。

 

というのも

「今はあんまり君と会ったり話したりする気分じゃ無いけど今度ね!今度絡もうね!!」

 

そう思っていいねを押す。

 

 来たる”今度”のためにもうちょっとダイエットしておこう。お肌をケアしておこう。頭も心も体も、スッキリさせておこう。

 

そうやってわざわざ時間をかけて"充電"をし、直ぐには実行に移さない。

 

家にいる。

 

夜になる。

 

ああ、眠れない。

 

やっぱりしてないんです充実。

だって充実してれば夜眠れると誰かが言っていたから。。。

 

学生最後の夏休みです。

充実してたと胸を張って言えるように終えたいと思います!

 

うん。

 

 

アディオス。